お金に困ったときの対処法 キャッシングの基礎知識

クレジットカードの引き落とし残高不足の対処法

投稿日:

クレジットカードの引き落とし残高不足の対処法

返済延滞すると信用力がなくなる

クレジットカード利用料金の引き落とし口座に必要な残高が入っていない「残高不足」の場合、引き落としがどうなるのか気になる方も多いと思います。引き落としの時にクレジットカードの利用料金以下の残高しかなければ、当然引き落としがされません。

ただ「後から支払えば良い」という訳ではなく、引き落としができないことでブラックリストに載って信用を落としてしまい、今後カード審査やローン審査に通りにくくなります。

ブラックリストに登録されないように、クレジットカードの引き落とし残高不足の対処法について解説していきます。

クレジットカード引き落としの基本

クレジットカードの支払いは銀行口座の引き落としで行われます。クレジットカードの料金は例えば月末締めの翌月27日払いなど、毎月何日に引き落とされるということが各カード会社によって定められています。クレジットカードの口座振替日が土日や祝日だった場合、カード会社の翌営業日が引き落とし日となります。

クレジットカードを利用したのに請求金額が少ないと思う時は、カードを利用したお店が売上を計上するのが遅くなりクレジットカードの締日に間に合わなかった可能性があり、その分の料金は翌月の請求に含まれます。カードの締日までに使用した料金が確実に翌月に請求されるという訳ではないのでご注意ください。

クレジットカードの引き落とし日に口座残高が足りない場合

クレジットカードの口座残高が1円でも足りない場合、引き落としはされません。口座残高から1円も減ることはなく、そのまま残ります。

残高不足でクレジットカードの料金の支払いができなかった場合はカード会社によって再度引き落とし日が設定され、通知がきます。ハガキや電話、メールなどで次の引き落とし日が案内されるので、その日までに銀行口座にクレジットカードの請求金額を入金すれば、再度引き落としが行われます。

再度設定された引き落とし日に入金しておけばひとまず大丈夫ですが、カード返済履歴を記録する「個人信用情報機関」の信用情報に傷が付いてしまいます。

クレジットカードの支払いができなかった場合に起こる問題

クレジットカードの引き落としがされなかった時、今後のクレジットカード使用で問題が起きる可能性があります。

ブラックリストに載ってしまう可能性がある

ブラックリスト

複数の銀行口座を持っている方は、給料が振り込まれる銀行口座とクレジットカードの引き落としで利用している銀行口座が違うことがあります。

そういった場合、残高が足りなかったのは「お金がないから」ではなく、引き落とし日までに引き落としされる銀行口座に入金するのを忘れてしまった「うっかりミス」です。このような失敗でも引き落としができなかった場合ブラックリストに載ってしまいます。

クレジットカードの引き落とし日に支払いができないことを「遅滞」と呼びます。カード会社によって多少異なりますが、原則として個人信用情報機関には「61日以上の延滞でブラックリストに載る」とあるので、通知が来てすぐに支払うことができればブラックリストに載る可能性は低いです。しかし、「延滞をした」という情報は記録されます。

延滞をすると延滞情報が2年間残るので、新しいクレジットカードの審査で通らなくなり、ローンの審査にも影響します。お金を用意できない方は、一時的に他のカード会社からお金を借りて返済しましょう。

すぐにお金を用意できない方はお手持ちのクレジットカードのショッピング枠を現金化をおすすめします。いろいろ審査が掛かるローンカードでは間に合いませんし、金利が高いです。ショッピング枠なら金利は10%以下もちろんリボ払い、分割返済できるため、一時的にお金がないという方にぴったりです。

ママ安心サポート

-お金に困ったときの対処法, キャッシングの基礎知識

Copyright© お金に困ったらショッピング枠現金化ママ安心サポート , 2018 AllRights Reserved.