キャッシングの基礎知識

ATMについて

投稿日:5月 9, 2017 更新日:

ATMを操作する男性の写真

カードローンを利用するうえで、ATMは必要不可欠な存在です。
ここではATMの基本的な説明と、カードローンを利用するうえで知っておきたいATM情報についてご紹介。


ATMとは?

ATMとはオートマチック(automatic)テラー(teller)マシン(machine)の略で、日本語では自動現金預け払い機とも呼ばれます。
ATMの中には幾らかの現金が保管されており、通帳やキャッシュカードを利用することで、現金を引き出すことができ、ネットワークを利用して振込サービスを行うことが出来ます。
銀行の窓口で上記の手続きを行う場合には、申込書に記入するなど手間がかかりますが、ATMであれば簡単な機械操作で終わらせることが出来るので便利です。
銀行の営業時間が終わった夜間でも、営業しているATMが多く、コンビニATMでは24時間営業しているので、夜中急に現金が必要になった時に助かります。


カードローンをATMで利用する

カードローンは基本的にATMから借り入れを行います。
キャッシュカードと同じように、機械へとローンカードを挿入するだけで、預金を引き出すのと同じスピード感でお金を借りることが出来るのです。
ATMから預金を引き出す際には、違う銀行のATMであったり、銀行の営業時間外であったりすると、幾らか手数料がとられますが、カードローンでも原則的に同じです。
消費者金融でも自社のATMを全国に設置していますが、利便性を考えるとコンビニのATMを利用することが多くなるので、基本的にカードローンをATMで利用する際には手数料がかかると考えた方がいいでしょう。

手数料無料のカードローンがお得!

銀行カードローンでは自行のATMであれば手数料無料であることが多いですが、中には他行の銀行でも手数料無料サービスを行うカードローンもあります。
ネット銀行では基本的にATMを持っていないので、提携しているATMを利用することになりますが、毎回手数料を取っていたのでは、全国に自行ATMを置く銀行には負けてしまいます。
そこで、月に限度回数を決めて、ATM手数料を無料にするサービスを行う銀行が増えているのです。
ソニー銀行では、セブン銀行とイオン銀行であれば、何度利用しようとも手数料は無料で、他社のATMであっても、月に4回までなら手数料無料で利用することができます。


無人契約機の違い

アコムやアイフルなどの消費者金融では、無人契約機を利用して、その場でカードローンの契約を結ぶことができます。
無人契約機は一見すると、ATMと似た外見をしていますが、自動で契約手続きを進められるように、様々な機能が備え付けられています。
また、無人契約機は基本的に専門の契約ブースに設置されているので、ATMと間違える可能性は少ないでしょう。
最近では、東京UFJ銀行のバンクイックが、銀行カードローンでは珍しく無人契約機の導入を始めました。
バンクイックの無人契約機はATMと並んで設置されていることが多いのでお気をつけください。


日本はATM大国?

日本は世界でもATMの数が多い国です。
人口10万人あたりATMはおおよそ130台となっており、世界でも10番以内に入るATM大国であることが分かります。
理由としては、国民が諸外国と比べて裕福であること。金融サービスが発展していること。ATMを設置しても、盗難事件が起きないほど治安が良いことが挙げられます。
他にATM台数ランキングの上位には、カナダやロシアなど面積が広い国が入っており、有人店舗がカバーできない地域をATMでカバーするため、人口あたりのATM台数が多くなっているものと思われます。
ちなみに、ランキング最下位はミャンマーとなっており、10万人あたりのATM台数が0.09台と、国内でATMを見かけるのは至難の業といえます。
ATMが必需品となっている日本では、なかなか考えられない数字です。

-キャッシングの基礎知識

Copyright© お金に困ったらショッピング枠現金化ママ安心サポート , 2018 AllRights Reserved.