クレジットカード

クレジットカードの支払日は給料日直後がうれしい!

投稿日:8月 31, 2017 更新日:

クレジットカードには「締め日」と「支払い日」があります。「締め日」とは、カード会社が会員に対する請求金額を確定する日のことを指します。たとえばJALカードは締め日を毎月15日、支払日を毎月10日と定めていますが、これは前月の16日から今月の15日までにカードを利用した代金が、翌月の10日に口座から引き落とされるということを示しています。そして「支払い日」とは、クレジットカードをの利用代金が引き落とされる日のことを指しています(払込日や振替日と呼ばれることもあります)。

この「締め日」と「支払い日」の関係をよく理解したうえでクレジットカードを使わないと、人によってはかなり苦しい思いをするかもしれません。なぜなら、支払い日と締め日はクレジットカードを発行している会社によって違うからです。

給料日の前か後か、把握しておきたい支払い日。


「支払日が自分の給料日より後か前か」というポイントを調べておくことがとても重要です。大体の人が25日にお給料をもらっていると思いますが、中には10日や月の初めにもらっているという方々もいるでしょう。たとえば「支払日27日」の場合、25日が給料日の方にとっては二日後の引き落としなので問題ないかもしれませんが、給料日が月初めの方にとっては口座残高が少ない時期に請求がきてしまうことになりますし、また給料日が10日の人にとっても給与から17日以上経過しているため、大きな請求額がくると残高不足になる心配も生まれてきます。

もし支払い日に口座にお金が入っていなかった場合、カード会社は請求額を引き落とすことができません。すぐに気付いて連絡した後に入金すればともかく、気付かず長いあいだ放置してしまった場合、支払う意思がないとみなされ、書面での警告などが送られてくる可能性もあります。またこういったトラブルが度重なると、カードの利用限度額を下げられたり、カード自体を無効にされてしまうケースもあります。さらに個人の信用情報に延滞記録が残ることになります。

-クレジットカード
-,

Copyright© お金に困ったらショッピング枠現金化ママ安心サポート , 2018 AllRights Reserved.