クレジットカードの作り方

初めての方におすすめのクレジットカード

投稿日:1月 16, 2018 更新日:

「クレジットカードを持ちたいと思ったけれど、何もかも分からず困ってます」と悩む方は多いと思います。「何百も種類のあるクレジットカードをどうやって選べばいいの?」「そもそもクレジットカードってどういう仕組みなの? 安全なの?」「初めての1枚って、どうやって作ればいいの?」と苦しむクレジットカード初心者の方に向け、情報をまとめました。

初心者の方には、以下の3点を満たすクレジットカードをおすすめします。

  1. 年会費無料でポイント還元率が高いこと
  2. セキュリティ性が高いこと
  3. インターネットから申し込んだ際、新規入会キャンペーンで数千~1万円相当のポイントやキャッシュバックをもらえること

以上を踏まえた上で、初めての方におすすめのクレジットカードを詳しく紹介します。

年会費無料でポイント還元率が高いクレジットカード

初心者の方は、年会費無料でポイント還元率が高いクレジットカードを選びましょう。

年会費とは、毎年1回請求されるクレジットカードの会員費です。
年会費はクレジットカードの種類によって異なります。年会費有料のクレジットカードは付帯保険の補償額が高かったり空港ラウンジを無料利用できたりと付帯特典が充実していますが、カード初心者の方がこれらのサービスを使いこなすことは困難です。年会費以上にクレジットカードを利用して得をしようとすると、かえって無駄遣いが増えます。
そのため、初心者の方は「年会費無料」「実質年会費無料」のクレジットカードを選びましょう。

ポイント還元率とは、カード利用額に対する獲得ポイントの価値です。例えば、楽天カードはカード利用額100円に対して1楽天スーパーポイントを獲得できます。1楽天スーパーポイントは1円相当で利用可能なため、ポイント還元率は1%です。
ポイント還元率の高いクレジットカードを使うことで、効率的にポイントを獲得可能です。獲得したポイントは商品券やキャッシュバックに交換し、生活費に充当して節約につなげることができます。

年会費無料もしくは実質年会費無料で、ポイント還元率や割引還元率の高い、初心者におすすめのクレジットカードは以下の通りです。

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISA
デビュープラスカード

デビュープラスカード

年1回の利用で実質年会費無料
常時ポイント2倍
入会後3か月間はポイント5倍

三井住友VISAデビュープラスカードは、18~25歳限定の若者向けクレジットカードです。クレジットカード初心者でも使いやすい特典が揃っているため、学生や未成年の方にもおすすめできます。

実質年会費無料

三井住友VISAデビュープラスカードは、初年度年会費無料です。2年目以降は年会費1,250円(税抜)が発生しますが、前年に1回以上カード利用があった場合は翌年会費が無料になるため、普段からクレジットカードを利用する方は実質年会費無料カードとして持つことが可能です。

入会後3か月間はポイント5倍

三井住友VISAデビュープラスカードは、カード入会後3か月間は獲得ポイント数が5倍(ポイント還元率2.5%)に跳ね上がります。引っ越しや就職活動など、出費の多い時期に合わせてカード発行すれば、大量にポイント獲得可能です。

入会4か月目以降も、常に通常の2倍ポイントを獲得できます(ポイント還元率1%)。

ゴールドカードに自動切り替え

三井住友VISAデビュープラスカードカードは、カード会員が26歳になってからの最初の更新時に、三井住友VISAプライムゴールドカードに自動切り替えされます。

三井住友VISAプライムゴールドカードは、20代限定のゴールドカードです。格安の年会費で三井住友VISAゴールドカードとほぼ同等の特典を利用できます。

フリーターも申込可能

三井住友VISAデビュープラスカードは、アルバイトやパートで働くフリーターも申込可能なクレジットカードです。

一般的なクレジットカードは、申込基準に年齢制限や年収制限などが設けられています。
しかし、三井住友VISAデビュープラスカードは、18~25歳以上の方なら誰でも申込可能な若者向けクレジットカードです。アルバイトやパートなど、不安定な収入の若者にも発行実績があります。

学生は収入がなくても審査通過可能

三井住友VISAデビュープラスカードは、学生が申込んだ場合は、本人に収入がなくても簡単に審査通過可能です。

学生が申込んだ場合は、申込者本人ではなく申込者の親が審査対象です。これは、万が一学生がクレジットカードの支払いを遅延した場合は、親が支払いを肩代わりすると判断するためです。
カード会社は、18歳以上の子供を大学や専門学校に通わせる親には十分な経済力があると判断します。そのため、学生は簡単に審査通過可能です。

最短3営業日発行可能

三井住友VISAデビュープラスカードは、インターネットから申込んだ場合、最短即日審査最短3営業日発行が可能です。すぐに審査結果が通知され、数日後にはカード受取可能なので、申し込み後の不安な時間を短縮できます。

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険を付帯
初年度年会費無料
セキュリティ性の高い銀行系カード

三井住友VISAクラシックカードは、圧倒的な知名度とステータス性を誇るクレジットカードです。セキュリティ性の高い銀行系カードの代表格ですが、25歳以上で安定した収入のある社会人の方なら容易に審査通過可能です。

年会費

三井住友VISAクラシックカードは、初年度年会費無料のクレジットカードです。2年目以降は年会費1,250円(税抜)が必要ですが、三井住友カードのリボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」に登録して年1回以上カード利用した場合は翌年の年会費が無料になります。
マイ・ペイすリボのリボ払い上限額をカード利用限度額と同額に設定した場合は、実質一括払いと同様に利用できます。リボ払い手数料も発生しないため、実質年会費無料クレジットカードとして利用可能です。

海外旅行傷害保険

三井住友VISAクラシックカードは、最大2,000万円補償の海外旅行傷害保険を付帯しています。

海外でケガや病気の診断を受けた場合、日本に比べ遥かに高額な医療費を請求されます。国内の健康保険も適用されないため、旅行者にとって大きな負担です。
海外旅行傷害保険を付帯したクレジットカード会員は、海外で医療費を請求されても、補償額内であればカード会社が負担してくれるため安心です。

3営業日発行可能

三井住友VISAクラシックカードは、インターネットから申込んだ場合、最短即日審査最短3営業日発行が可能です。

セゾンカード・インターナショナル

セゾンカード

セゾンカード

年会費無料
西友やリヴィンで支払額5%オフ
有効期限のない永久不滅ポイント獲得可能

セゾンカード・インターナショナルは、年会費無料のクレジットカードです。インターネットから申込んだ場合は最短即日審査結果通知に対応する上、全国のPARCOやららぽーとに設置されたセゾンカウンターを利用した場合は最短即日発行即日受取可能です。

永久不滅ポイント

セゾンカード・インターナショナルは、カード利用額に応じて永久不滅ポイントを獲得可能です。

一般的に、クレジットカード利用時に獲得可能なポイントには、交換に必要な最低ポイント数が定められています。例えば、ポイント還元率の高いオリコカード・ザ・ポイントは、最低でも500ポイント(5万円利用分)からポイントを商品に交換できます。
また、クレジットカードのポイントには、有効期限が定められています。オリコカード・ザ・ポイントで貯めたポイントは、獲得から1年以内に商品に交換しなかった場合、失効して使えなくなります。
そのため、オリコカード・ザ・ポイントは、1年間に最低5万円以上カード利用しないと、ポイントが失効して損をするクレジットカードだといえます。

セゾンカード・インターナショナルの永久不滅ポイントには有効期限がないため、年に数回の少額決済しかクレジットカードを使わない方でもポイント失効の不安がありません。そのため、ポイント交換のタイミングや最低交換数の基準が分からない方でも、簡単にポイントで得ができます。

西友やリヴィンで5%オフ

セゾンカード・インターナショナル会員は、毎月5日・20日に全国の西友・リヴィン・サニーで5%オフ特典を受けられます。

初めてのクレジットカードを作る前に知っておきたい知識

初めてクレジットカードを作る前に、クレジットカードの仕組みや使い方など、いくつかの知識をつけておきましょう。

クレジットカードは支払ったお金が後日銀行口座から引き落とされるサービス

クレジットカードは、カード払いしたお金が、後日銀行口座から引き落とされるサービスです。

コンビニやネットショッピング、海外旅行先でクレジットカードを使って商品を購入すると、商品の値段情報がカード会社に送られます。カード会社はカード会員ごとに約1か月間購入した商品の値段を集計し、1か月後に合算して請求します。

カード料金の請求額は、カード申込時に設定した銀行口座から毎月自動的に引き落とされます。

新規入会キャンペーンを活用する

多くのクレジットカードは、インターネットからの申し込みに限り、新規入会キャンペーンを実施しています。

入会キャンペーンが設定されたクレジットカードに申込んだ場合は、もれなく数千~1万円相当のポイントやキャッシュバックを獲得可能です。年会費無料のクレジットカードも入会特典が設定されているため、ノーリスクで大きな恩恵を得られます。

例えば、三井住友VISAデビュープラスカードは、入会キャンペーンで最高6,500円分のキャッシュバックを獲得できます。

未成年でもクレジットカードは作れる

18~19歳(高校生除く)の未成年の方は、クレジットカードに申込可能です。ただし、未成年者がクレジットカードの審査に通過するには、親権者の同意が必要です。

未成年者がクレジットカードに申込んだ際、親権者の同意確認は、カード会社の審査担当者が親に電話をかけて行われます。電話では「子供がクレジットカードの発行を希望しているので、親権者として同意してほしい」という確認作業が行われます。

実家を離れて一人暮らしをしている方がクレジットカードを申し込む場合は、事前に親へ連絡し、カード作成の旨を伝えておきましょう。「何も知らされないままカード会社から電話が来たので、反射的に親が同意を断ってしまった」というケースが多々あります。

クレジットカードを作るために必要なもの

クレジットカードを作る際は、以下のものを準備する必要があります。

  • カード料金の引き落としに利用する銀行口座番号
  • 運転免許証や健康保険証等の本人確認書類

上記の2つを用意できた方は、簡単にクレジットカードを作成可能です。

クレジットカードの使い方

クレジットカードの使い方は簡単です。

クレジットカードは、郵送で受け取った当日から利用開始可能です。カード料金の引き落としはカード発行後早くても1か月後なので、口座振替を登録する前でも利用開始には影響ありません。

コンビニやスーパーの支払いにクレジットカードを利用する場合は、レジでお金を渡すタイミングで「カード払いで」と店員に伝えてください。クレジットカードを渡すと、店員がカード払いの処理を済ませてくれます。レシートを受け取って、会計終了です。

ネットショッピングでクレジットカードを利用する際は、オンラインショッピングの支払い方法選択画面からカード登録手続きしてください。クレジットカード表面に印刷されたカード番号と有効期限に加え、カード裏面に記載されたセキュリティコードを入力するだけで手続きが完了します。

クレジットカードの利用明細

クレジットカードを使った内容は、毎月利用明細にまとめられます。
利用明細には、クレジットカードをいつどこで何に何円使ったのかまで記録されます。日頃の支払いを全てクレジットカードにまとめると、利用明細が家計簿代わりになります。

多くのクレジットカードは、インターネット上で利用明細を確認できるWEB明細サービスを利用可能です。WEB明細は携帯電話やスマートフォン、パソコン等でいつでもどこでも確認可能なため、紙の明細書よりも便利です。

クレジットカードの利用で手数料は発生しない

クレジットカード利用時に手数料が請求されることはほとんどありません。
一般的なクレジットカードの利用状況と、それぞれの利用時に発生する手数料は以下の通りです。

一般的なクレジットカード利用状況と発生する手数料

利用状況 手数料の発生状況
スーパーやコンビニの支払い 手数料なし
レストランや居酒屋の支払い 手数料なし
ネットショッピングの支払い 手数料なし
電気代やガス代の支払い 手数料なし
携帯電話代やNHK受信料の支払い 手数料なし

このように、1回払いを選択したクレジットカードを国内で利用した場合は、基本的に手数料が発生しません。
また、クレジットカードを作る際、入会手数料やカード発行手数料、解約手数料などを請求されることはありません。

クレジットカードの契約や解約により発生する手数料

利用状況 手数料の発生状況
クレジットカード入会手数料 手数料なし
クレジットカード新規発行手数料 手数料なし
クレジットカード更新手数料 手数料なし
クレジットカード解約手数料 手数料なし
(JCB CARD EXTAGEなどごく一部を除く)

クレジットカード利用時に手数料が発生する状況は、以下のように特殊な状況でクレジットカードを利用した場合のみです。

クレジットカード利用時の主な手数料と発生理由

利用状況 発生する手数料(相場)
海外での支払い 請求額の1.6%程度
分割払いの支払い 請求額の2~15%(年率)程度
リボ払いの支払い 請求額の15%(年率)程度
カード料金の引き落としができなかったことによる遅延損害金 請求額の14.6%(年率)程度
カード再発行手数料 300円程度
ETCカードや家族カードなどの追加発行手数料 500円程度

分割払いやリボ払いを利用したり、カード料金を支払わなかったことを理由に遅延損害金を請求されたりした場合を除き、クレジットカード利用により手数料を請求されることはありません。

初めてのクレジットカードは国際ブランドにVISAを選ぶ

初めて持つクレジットカードの国際ブランドには、VISAを選ぶことをおすすめします。

VISAは世界シェアナンバーワンの国際ブランドです。日本国内でも海外でも決済に利用できます。
対して、JCBやアメリカン・エキスプレス、ダイナース等を付帯したクレジットカードは、利用不可の店舗が多々存在します。海外は特にJCBを利用可能な店舗が少ないため、JCBカードのみを持って海外旅行に行くことは危険です。

クレジットカードを安全に利用するための注意点

クレジットカードの不正利用被害を防ぎ、安全に利用したい方は、以下の注意点を参考にして下さい。

クレジットカードが手元に届いたら、まずはカード裏面の署名欄に自筆でサインを入れて下さい。サインは漢字もしくはローマ字のフルネームを記入しましょう。
クレジットカードは、紛失や盗難被害に遭った際、第三者に不正利用された額をカード会社が負担する補償を備えています。しかし、裏面にサインの入っていないクレジットカードは補償の対象外なので、不正利用額をカード利用者が負担する必要があります。

また、クレジットカードを申し込む際に設定する暗証番号は、「0000」「1234」や誕生日のように推測しやすいものを設定してはいけません。安直な暗証番号を設定した場合は、不正利用の補償対象外になる可能性があります。

インターネットショッピングでクレジットカードを使う場合は、セキュリティ性が担保されたサイトなのかを確認してから決済することをおすすめします。ショッピングサイトがSSL化(サイトURLの先頭がhttps~で始まること)していない場合は、スキミングやカード番号流出被害に繋がる可能性があります。
不審なショッピングサイトを利用する際は、セキュリティ性の高いクレジットカードで決済しましょう。三井住友VISAカードは、ネットショッピングの際に強固な本人確認を行う「3Dセキュア」や、24時間作動のカード不正利用監視サービス、カード利用者のみ確認可能なワンタイムパスワードの発行など、高いセキュリティ性が魅力です。

クレジットカードを銀行や店頭で作ることはおすすめできない

クレジットカードを、銀行窓口やショッピングセンターの店頭などで作ることは、おすすめできません。

銀行窓口やショッピングセンターの店頭でクレジットカードを作る場合、申し込み用紙の記入が必要です。クレジットカードの申し込み用紙は、氏名や職業、住所など何十個もの入力欄に一つずつ手書きで必要事項を書き入れる必要があるため、ミスが発生しやすく面倒です。入力内容に間違いがある場合は、信用力のない人と判断され審査に落ちる可能性が上がります。
また、クレジットカードの審査に落ちた場合は、銀行やショッピングセンターまで足を運んだ手間が無駄になります。

クレジットカードを申し込む際、おすすめの方法はインターネット申し込みです。スマートフォンや携帯電話、パソコンなどから24時間365日いつでも手続きできるので、発行までの時間も短くスムーズです。入会キャンペーンのポイントやキャッシュバックも、他の申し込み方法より多く獲得可能です。

初めてのクレジットカードにゴールドカードはおすすめしない

初めてクレジットカードを持つ方は、ゴールドカードの申し込みをおすすめしません。ゴールドカードの審査では、クレヒスが重視されるためです。

クレヒス(クレジットヒストリーとも)とは、クレジットカードやカードローン等の利用履歴です。クレジットカードを定期的に支払いに利用し、遅延なく返済を繰り返した方は、良好なクレヒスを作れます。

初めてクレジットカードを持つ方は、まず初心者向けのクレジットカードを何年か利用してクレヒスを作りましょう。なお、三井住友VISAデビュープラスカードなど、ゴールドカードへの自動切り替えが魅力のクレジットカードを持つことで、将来的にゴールドカードをもつ可能性を大きく向上可能です。

-クレジットカードの作り方
-, ,

Copyright© お金に困ったらショッピング枠現金化ママ安心サポート , 2018 AllRights Reserved.