クレジットカード審査

審査がゆるい・審査が甘いクレジットカードは存在する?

投稿日:12月 25, 2017 更新日:

「フリーター・学生で収入が少なく、カード入会審査が不安」、「急いでいるので審査が甘いカードを申し込んで早く作りたい」という人も多いと思います。

結論から言うと、カード会社によって審査基準が異なるため、「審査が甘くて絶対に作れるカード」は存在しません。ただし、「収入があればフリーターや学生でも申込可能」「最短即日でカード発行可能」というクレジットカードは存在します。

クレジットカードはカード会社によって申込資格が定められていて「安定した収入がある30歳以上の方」や「学生やフリーター不可」と記載されているカードは、申込資格を満たさないと発行できません。審査通過の第1条件は、申込資格を満たすクレジットカードを選ぶことです。

おすすめのクレジットカード

おすすめのクレジットカードを紹介します。

アコムACマスターカード

アコム
ACマスターカード

アコムACマスターカード

収入があればアルバイト・パートでも申込可能
発行可能かWEBで3秒診断できる
土日発行OK、審査最短30分で即日発行可能
年会費永年無料

アコムACマスターカードの申込資格は「20歳以上69歳以下の安定収入と返済能力を有する方」なので、アルバイトやパートなどの収入がある方は申し込み可能です。
※収入がない無職の方や専業主婦の方は申し込めません。

カードが発行できるか不安な方は、申込前にカード発行可能かWEBで3秒診断(仮診断)ができるので、申し込みする前に一度試してみることをおすすめします。

また、ACマスターカードは最短30分で審査結果が通知され、無人契約機「むじんくん」でカードを受け取ることで最短即日でカード発行できます。発行手数料無料・年会費無料のクレジットカードなのでカード維持費をかけたくない方にもおすすめです。

すぐにお金が必要な方はプロミス

プロミス

プロミス

審査時間最短30分
Web完結なら来店不要、郵送物なし
新規契約時、30日間無利息サービスを実施中

クレジットカードのキャッシングは基本的に翌月一括払いで返済しなければいけないので、現金がすぐに必要な方は、毎月分割返済可能なプロミスのカードローンがおすすめです。

プロミスの金利は4.5%~17.8%、審査時間は最短30分、三井住友フィナンシャルグループのカードローンなので初めての方でも安心して利用できます。

プロミスは最短即日融資可能なため、お急ぎの方はまず申し込んでみましょう。

コンビニや銀行のATMから借入や返済が可能な上、インターネットから申し込む「WEB完結」なら来店不要で郵送物なしです。他社借入のある方は低金利のプロミスに借り換えたり、返済をまとめたりすることで支払いが楽になる上、新規契約時は30日間無利息サービスがあるので、期間中は利息が付きません。

カード審査難易度の違い

クレジットカードの種類やカード会社の違いによっては、審査難易度に違いが出ます。具体的にどのカードの審査が甘いかわからない方や、確実に審査が甘いカードがほしい方に向け、カード取得難易度を解説していきます。

カード会社別の審査難易度

クレジットカードの審査難易度はカード発行会社によって異なります。

クレジットカードの審査難易度をカード発行会社別にみると、銀行系カード > 交通系カード > 信販系カード > 流通系カードの順番です。また、申込者の返済能力を重視すると言われる消費者金融系カードも存在します。

銀行系カード会社や交通系カード会社の審査が厳しい理由は、個人信用情報を細かく調査するためです。

個人信用情報とは、消費者の氏名や職業等の個人情報と、クレジットカードやカードローン等の利用履歴であるクレジットヒストリー(クレヒス)をまとめたものです。個人信用情報と呼ばれる企業に管理され、クレジットカードの審査では必ず参照されます。
過去にクレジットカードやカードローンの支払いを遅延した経験や、自己破産や任意整理等の債務整理の経験がある場合は、個人信用情報に異動情報が記録されるため、銀行系カードや交通系カードの審査に通過できません。
また、収入の安定性や勤続年数の長さなども審査の対象になります。

対して、流通系カード会社や消費者金融系カード会社は、できるだけ自社店舗や自社カードの利用者数が増えて欲しいと考えるため、申込者の返済能力を重視します。

なお、審査が甘いと言われるハウスカードは、発行店でしか利用できないため使い勝手が悪く、おすすめできません。インターネットショッピングや公共料金の引き落としにも利用できないため、流通系カードや消費者金融系カードクレジットカードの申込をおすすめします。

カード発行会社ごとの審査難易度

審査難易度 カード発行会社 代表カード
厳しい 銀行系カード ・三井住友VISAカード
・JCBカード
・MUFGカード
少し厳しい 交通系カード ・JALカード
・ANAカード
・VIEWカード
普通・甘め 信販系カード ・楽天カード
・オリコカード
・ライフカード
流通系カード ・イオンカード
・エポスカード
・ファミマTカード

銀行系カードの審査が厳しい理由

銀行系カードの審査が厳しい理由は、カード申込者の支払い能力を詳しく調査するためです。無職・フリーターの方は審査通過が難しく、専業主婦の方は配偶者の年収や信用情報に左右されます。
しかし、会社員や公務員として働く方は、問題なくカード発行できます。例えば、20代の会社員なら年収150~200万円でも容易に審査通過可能です。

また、多くの金融機関や銀行系カード会社は、学生向けクレジットカードを発行しています。学生の方は、収入がなくても容易に学生向けカード審査を通過可能です。

三菱UFJニコスが発行するVIASOカードやDCカードJizileは、審査が甘い銀行系カードとして認知されていますが、三菱UFJニコスは信販会社なので信販カードに含まれます。

交通系カードの審査が少し厳しい理由

交通系カードの審査が少し厳しい理由は、電車や飛行機など交通機関を利用しない申込者の承認率が低いためです。
例えば、ANAカードやJALカードなどの航空系クレジットカードを発行するカード会社は、飛行機を利用する方以外にクレジットカードを発行してもメリットがありません。

信販系カードの審査が多少甘い理由

信販系カードの審査が多少甘い理由は、信販会社がクレジットカードやカードローンなどで利益を得ているためです。
信販系カードの中でも楽天カードは審査が甘めです。専業主婦やフリーターでも審査通過できます。

流通系カードの審査が甘い理由

流通系カード(産業系カード)の審査が甘い理由は、発行元店舗の有望顧客であるカード会員を増やす意図があるためです。

代表的な流通系カードは、イオンカードやファミマTカードです。スーパーやコンビニと提携して発行するため、専業主婦やフリーターも申込対象です。

流通系カードは、スーパーや百貨店の店頭で入会呼び込みが多々行われています。その場で申込書に記入して当日に仮カードを発行するくらい審査が簡易的なため、承認率が高いです。

返済能力を重視する消費者金融系カード

消費者金融系カードは最も審査が甘い

消費者金融系カードは消費者金融会社が発行するクレジットカードです。消費者金融会社はお金を貸したりクレジットカードを利用されたりすることで利益を得ます。そのため、クレジットカードを発行しなければ会社として成り立ちません。

消費者金融は、通常はカードローン(キャッシング)の審査を行うため、一般的なカード会社とは異なる基準でクレジットカードの審査を行います。
また、クレジットカード料金が返済されないと消費者金融会社は貸倒れるため、審査では過去の信用情報よりも現在の収入や返済能力が重要視されます。

カード発行会社別の審査承認率

下記はカード発行会社別の審査通過率(承認率)を独自に調査した結果です。

カード発行会社 審査通過率(承認率)
銀行系カード 約48%
交通系カード 約73%
信販系カード 約75%
流通系カード 約80%

上記の通り、銀行系カードは特に審査承認率が低いです。交通系カード、信販系カード、流通系カードは審査承認率が高めです。審査が甘いクレジットカードを探す方は、銀行系カードの申し込みを避けましょう。

ステータス別の審査難易度

クレジットカードの審査難易度はブラックカード > プラチナカード > ゴールドカード > 一般カードの順です。

ゴールドカード以上のステータスカードは、300万円以上の年収と、過去のクレジットカード利用履歴であるクレジットヒストリー(クレヒスとも)を持つ方のみ審査通過可能です。初めてクレジットカードを作る方は、審査が簡単な一般カードに申し込んでクレヒスを作ってから、ゴールドカード以上のステータスカードに申し込みましょう。

クレジットカードの審査落ちした方への注意点

クレジットカード審査落ちを経験した方は、以下の注意点を参考にしてください。

甘いカードでも多重申込すると審査落ちするので注意!

多重申込すると、高確率で審査に落ちます。

多重申込とは、6か月間に3枚以上のクレジットカードの発行を申し込むことです。カード会社は、多重申込者を審査する際、カード悪用目的もしくはキャンペーンの特典狙いと判断します。通常は審査通過可能な方も多重申込が原因で否決される可能性があります。

多重申込者は、申し込みブラックと呼ばれる状態になり、どのカード会社に申し込んでも審査落ちします。これは、クレジットカードに申し込んだ際の申込情報が、個人信用情報に記録されるためです。

リボ残高がある方は注意!

リボ残高がある方は、高確率で審査に落ちます。

カード会社は、リボ残高がある方を、返済に困っている方と判断します。これは、リボ残高が個人信用情報に記録されるためです。
特に、限度額一杯までリボ払いを利用している方(リボ天とも)は、返済滞納や自己破産(貸倒れ)が想定されるため、審査通過率が下がります。

キャッシング利用中の方は注意!

キャッシング利用中の方は、高確率で審査に落ちます。

カード会社は、キャッシング利用中の方を、返済に困っている方と判断します。これは、カードローンやクレジットカードのキャッシング機能契約内容が個人信用情報に記録されるためです。申込時にキャッシングの利用を申告しなかった場合も、審査で必ず把握されます。
キャッシング利用者は、完済後に解約することで個人信用情報から不利な契約情報を消去できます。

クレジットカードのスコアリング審査基準

クレジットカードに申し込むと、カード会社は独自の統計情報をもとに申込者の申告情報と個人信用情報をコンピューターで自動的に点数付けするスコアリング審査を行います。

スコアリングシステムは、Capacity(返済力・資力)、Character(性格)、Capital(資産や財産)の3C観点から申込者を審査します。
スコアリングシステムで評価される属性は以下の通りです。

Capacity
(返済力・資力)
職業・職種 公務員や医師などの安定した給料・年収を得る職業の正社員が高評価
年齢 申し込み条件を満たす中で若いほど高評価
勤務先の規模 大手企業や上場企業など、勤務先の規模が大きいほど高評価
勤続年数 同じ会社に勤めている年数が長いほど高評価
年収 年収が高いほど高評価
借入額 他社キャッシングやカードローンの借入額が多いほど低評価
Character
(性格)
クレジットヒストリー(クレヒス) クレジットカードやカードローン等の定期的な利用履歴があると高評価
支払い遅延や債務整理経験等があると低評価
クレジットカード審査において最も重要な項目
Capital
(資産・財産)
住居形態 分譲住宅(自己名義の持ち家)保有者は高評価
以下、社宅、賃貸マンション、公営住宅の順番で高評価
居住年数 居住年数半年以上の分譲住宅在住者は、保有資産ありと判断され高評価
居住年数1年未満の賃貸住宅在住者は転居の可能性高いと判断され低評価
家族構成 親と同居する独身の実家住まいは高評価
以下、親と同居の既婚者、親と別居の既婚者、親と別居の独身者の順で高評価
既婚者は配偶者や子供等の扶養家族が多いほど低評価

ブラックリスト入りした方も申し込むカードの種類やカード会社によっては審査通過可能

ブラックリスト入りした方も、申し込むクレジットカードの種類やカード会社によっては審査通過可能です。

ブラックリスト入りした方がクレジットカードの審査に通過できないのは、信用力がカード会社の内規を満たさないためです。法律により制限されているわけではありません。
そのため、ブラックリスト入りしている方も、カード会社の利益になると判断された場合はごく稀に審査通過可能な場合があります。

年齢や性別によって審査が優遇されるクレジットカード

主婦・学生専用カード

申込者の年齢や性別、職業等によっては、審査で優遇されるクレジットカードがいくつか存在します。一般的なクレジットカードは否決される方も、自分の属性に合ったクレジットカードに申し込むことで、審査通過可能な場合があります。

専業主婦でも審査に通るクレジットカード

専業主婦でも審査に通るクレジットカードは、楽天カード等の信販系カードや、イオンカード等の流通系カードです。

専業主婦がクレジットカードに申し込んだ場合は、配偶者の年収や個人信用情報が審査対象です。本人収入が基準にの場合に比べ合否の不確定性が高いため、審査難易度の低いクレジットカードに申し込むことをおすすめします。

イオンカードセレクト会員は、65%が女性です。主婦層に対し柔軟な審査をするクレジットカードといえます。

学生でも審査に通る学生向けカード

学生は、学生向けカードに申し込むと、審査で優遇されます。

学生向けカードは、収入がない大学生や大学院生、専門学生でも発行可能です。また、一般カードよりも年会費やポイント還元率が優遇されています。

学生専用ライフカード

学生専用ライフカードは、最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険を自動付帯する学生向けカードです。海外カード利用額の5%をキャッシュバックする特典を付帯するため、留学や海外旅行の予定がある学生に強くおすすめできます。

ライフカードを発行するライフカード社は、消費者金融会社アイフルの完全子会社です。消費者金融のカードローンは銀行カードローンよりも審査に通りやすいと言われていますが、ライフカードの発行審査はライフカード株式会社が行うため、極端に審査が甘いわけではありません。また、アイフルで返済滞納等の履歴が残る方は、ライフカードの審査に落ちる可能性が高いです。

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカードは、18~25歳限定の三井住友カードです。銀行系クレジットカードは審査通過が困難ですが、三井住友VISAデビュープラスカードは若者向けクレジットカードなので、学生やフリーター、新社会人も保有可能です。

自営業者や個人事業主向けクレジットカード

自営業者の方や個人事業主は、法人カード(ビジネスカード)の作成をおすすめします。法人カードは、所得証明書を提出することで審査通過率が上がります。

自営業者や個人事業主は、一般的なクレジットカードの審査通過が困難です。これは、自営業者個人事業主は、収入が不安定と見なされるためです。

60歳以上が審査で優遇される高齢者向けカード

60歳以上の方は、高齢者向けカードに申し込むと、審査で優遇されます。

JR東日本が発行する大人の休日倶楽部ジパングカードは、65歳以上の男性と60歳以上の女性のみ申し込み可能な高齢者向けクレジットカードです。同様に、50歳以上のみ申込可能な大人の休日倶楽部ミドルカードも存在します。
これらの年齢制限つきクレジットカードは、条件を満たす方の審査を優遇します。年金受給者も継続的な収入があると見なされ審査通過可能です。

審査が甘いクレジットカードの特徴

審査が甘いクレジットカードの特徴を解説します。

広告や入会キャンペーンが多い

電車内の広告やテレビCM、インターネットの入会キャンペーンが多いクレジットカードは審査が甘いです。カード会社は広告費がかけても利用者を増したいため、審査基準を広げているといえます。
特に、ポイントプレゼントや初年度年会費無料等の特典を掲げたキャンペーンを実施しているクレジットカードは審査が甘いといえます。カード会社の負担が大きいほど、新規入会者が求められているといえます。

おすすめのクレジットカード

おすすめのクレジットカードを紹介します。

アコムACマスターカード

アコム
ACマスターカード

アコムACマスターカード

収入があればアルバイト・パートでも申込可能
発行可能かWEBで3秒診断できる
土日発行OK、審査最短30分で即日発行可能
年会費永年無料

アコムACマスターカードの申込資格は「20歳以上69歳以下の安定収入と返済能力を有する方」なので、アルバイトやパートなどの収入がある方は申し込み可能です。
※収入がない無職の方や専業主婦の方は申し込めません。

カードが発行できるか不安な方は、申込前にカード発行可能かWEBで3秒診断(仮診断)ができるので、申し込みする前に一度試してみることをおすすめします。

また、ACマスターカードは最短30分で審査結果が通知され、無人契約機「むじんくん」でカードを受け取ることで最短即日でカード発行できます。発行手数料無料・年会費無料のクレジットカードなのでカード維持費をかけたくない方にもおすすめです。

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード


学生なら無収入でも審査に合格可能
25歳までの方限定で入会可能
携帯電話端末代の支払い滞納がある場合は発行困難

三井住友VISAデビュープラスカードは、18~25歳限定のクレジットカードです。新社会人や学生向けに発行されているため、クレジットカード利用履歴が無くても審査通過可能です。学生はアルバイトやパートの収入がなくても申し込めます

審査なしのカード

審査に落ちてしまった方は、「家族カード」か「デビットカード」を作るという2通りの手段があります。

家族がクレジットカードを持っていれば家族カード

家族がクレジットカードを持つ場合は、家族カードの追加発行をお願いしましょう。

家族カードとは、家族が持つクレジットカードに追加発行可能な付帯カードの一種です。家族カードは、本カード同様に支払い利用可能なほか、割引等の優待特典も付帯します。
家族カードの利用額は本カード利用額と合算されます。そのため、家族カードは本会員の信用力のみ審査対象です。ブラックリスト入りした方も家族カードを持てます。

ただし、家族カードの利用内容は本人会員の利用明細に記載されるため、家族に把握されます。
また、家族カードを利用してもクレヒスは記録されないため、ブラック情報が消えてもクレジットカード作りづらい状態が続きます。

審査なしのデビットカード

デビットカードは、審査不要で発行できます。

クレジットカードは、利用料金を後払うため、発行時に信用力の調査が必要です。しかし、デビットカード利用額が即時に口座から引き落とされる即時決済カードなので、審査不要で発行可能です。

クレジットカードを作れない方は、審査なしVISAデビットカードの作り方のページを参考にしてください。

-クレジットカード審査
-,

Copyright© お金に困ったらショッピング枠現金化ママ安心サポート , 2018 AllRights Reserved.