現金化お知らせ情報

うまい話には裏がある

投稿日:2月 19, 2019 更新日:

うまい話には裏がある

話うますぎ注意

クレジットカード現金化業者を何社も見ていくと、あることに気が付きます。

それは、クレジットカード現金化業者はそれぞれ異なる還元率を設定しているということです。

貸金業者ならば、「年利は最大〇%まで」といった形で、法的に規制されているものですが、クレジットカード現金化では「還元率は〇~〇%の範囲で決めるべし」などの規制はありません。

だからこそ、ある業者は10万円の利用で還元率が80%、またある業者では同様の条件で85%というように、利用条件が異なるのです。

そして、中にはかなり高い還元率を表示している業者があります。

実際の例では、利用額ごとの違いを記載せず、「還元率最大98%!」などと記載しています。

話がうますぎると思ったら注意すべきであるというのは、あらゆることについて言えることなのですが、クレジットカード現金化においても、還元率が高すぎるというのはうまい話であり、その場合には注意が必要です。

還元率98%などと記載し、利用額ごとの還元率が書いていない場合、クレジットカード現金化に関する知識がほとんどない人は、非常に良い条件で現金化できるように思ってしまうこともあると思います。

しかし、これはほとんどの場合、ウソの記載です。

まず、利用額ごとに還元率が変動しないということはありえません。なぜならば、少額の利用で高還元率を適用してしまうと、業者は赤字になるからです。

したがって、高還元率になると思って利用しても、実際には「あれは100万円以上ご利用の場合のみです」と言い逃れをされたり、「手数料がこれだけかかります」などと勝手に差し引かれたりして、結局は非常に低い還元率になってしまいます。

また、色々聞いていくうちに、実際には高還元率にはならないと感じてしまっても、「もう申し込んでいるので、もし利用しないならキャンセル料として〇%払ってください」などと言われると、「キャンセル料を支払って全く現金化できないより、還元率が悪くても現金化できたほうがマシだ」などと考えて、利用してしまう人も少なくありません。

もちろん、利用額ごとの還元率を記載しており、それぞれの場合の還元率が非常に高くなっているケースもあります。

このような高還元率を記載して利用者を誘い、実際には還元率を低くするという手口は、悪質業者によく見られるものです。

ですから、「うまい話には裏がある」と考えて、最初からそのような業者は除外していくのがポイントです。

だからこそ急な出費で困ったら「振込額」が表示されているママ安心サポートを選びましょう!

 

-現金化お知らせ情報
-, ,

Copyright© お金に困ったらショッピング枠現金化ママ安心サポート , 2019 AllRights Reserved.