現金化お知らせ情報

なぜ、ホームページに掲載どおりの換金率ではないの?

投稿日:9月 20, 2018 更新日:

クレジットカード現金化の利用者の中には、現金化業者がホームページで記載している通りの換金率がそのまま適用されると思っている人も多いものです。

しかし、そんなことはありません。

ほとんどの業者では、換金率からさらに手数料などが差し引かれることによって、実質的な換金率が低くなってしまうことがほとんどだからです。

そこで、本稿では実質的な換金率が高い業者を利用するコツなどをお伝えします。

クレジットカード現金化業者の換金率

現金化換金率変動

クレジットカード現金化を利用する際に、多くの人にとっての関心事となるのが換金率です。

業者ごとに換金率は異なっていますし、利用額によっても変わるものであり、これによって利用者が最終的に受け取ることができる金額も変わってくるのですから、関心事になるのは当然のことです。

換金率は、業者によって変わります。

これは、換金率が法的な定めによって決められているものではないからです。

中古品店に売りたいものを持ち込んだ時、お店によって買取額は変わってくるものですが、これはお店の方針や査定方法が異なるからです。

このように、クレジットカード現金化業者によって、方針やサービスの内容には様々な違いがあるため、換金率は異なるのです。

また、換金率は全ての利用者に対して一律で同じ換金率が適用されるものではありません。

通常、利用額が小さければ小さいほど換金率は低くなり、利用額が大きければ大きいほど換金率は高くなります。

現金化換金率変動

例えば、1~10万円の利用ならば80%、11~30万円ならば85%、31~50万円ならば88%、51~100万円ならば91%、100~200万円ならば95%、201万円以上ならば98%といった感じです。

このほか、業者に方針にとって換金率のシステムにはいくらかの違いがあります。

その業者が女性利用者の獲得に力を入れている場合には、レディースプランを設けて換金率がやや高く設定していることもあります。

法人の獲得に力を入れている場合には、法人プランを設けて換金率をやや高く設定していることもあります。

入金スピードに注意を払っている業者ならば、即日プランとスタンダードプランで異なる換金率を提供していることもあります。

このように、換金率は業者によって異なるものですから、利用者はできるだけ換金率が高い業者を利用しようとします。

現金化換金率変動

しかし、業者ホームページに記載されている換金率を見比べて業者選びをすることは、それほど意味がないこともあります。

なぜならば、最終的な換金率が、ホームページに記載されている換金率よりも低くなるケースが非常に多いからです。

急な出費で困ったら「振込額」が表示されているママ安心サポートを選びましょう!

 

-現金化お知らせ情報
-, ,

Copyright© お金に困ったらショッピング枠現金化ママ安心サポート , 2018 AllRights Reserved.