現金化お知らせ情報

いますぐ5万円ほしい!そんな時、どうすればいい?

投稿日:

クレジットカード現金化の概要

クレジットカード現金化をする人の中には、ごく少額が欲しいと思って利用する人も多いことと思います。

飲み会のための1万円が欲しい、電気代の5000円が欲しい、ガソリン代の1万円が欲しい、御祝儀のための3万円が欲しいなどなど。

このように、5万円以下の少額のためにクレジットカード現金化を利用する人は多いのです。

消費者金融を利用した時には、信用情報に利用の履歴が残るため、それを嫌う人であればあえてクレジットカード現金化を利用することによって、現金を手に入れることを考えることもあります。

現金化を利用する際には、注意点があります。

それは、利用額に応じて還元率が変動していくということです。

特に、小口になればなるほど還元率は下がっていきます。

現金化業者は現金化の提供によって利益を得ており、大口の利用であれば高い還元率でもそれなりの利益を得ることができますが、小口の利用では利益が小さくなってしまいます。

そして、クレジットカード現金化の利用者には小口の利用者が多いため、小口の利用では還元率を低くすることによって、利益を得ているのです。

クレジットカード現金化では、どの現金化業者においても、小口の利用であるほど還元率は低くなります。

クレジットカード現金化では、1万円からの取引から利用可能としている業者もあり、そのような業者は利用しやすいように思えるかもしれませんが、還元率は低くなるのです。

クレカ五万円

ほとんどの業者では、ホームページのトップページには、利用を促すために「還元率業界No.1 98.8%!!」などと書かれているものですが、異常に高い高還元率が適用されるのは100万円以上などの利用者だけであり、実際にはもっと低い還元率になります。

このことは、業者の還元率表を見れば分かります。
(還元率表を設けずに「最高還元率」だけど記載しているような業者は利用すべきではありません)

このことから、高い還元率を適用してもらうために、本来必要とするよりも大きな額での利用をしてしまう人がいます。

例えば、1~10万円の還元率が80%、11~30万円の還元率が85%となっているのを見て、本当は5万円しか必要ではないのに11万円の利用をしてしまうのです。

しかし、クレジットカード現金化を利用した場合にも、返済は必要です。

現金化業者に返済するのではなく、クレジットカードを提供してくれている信販会社に対して返済をしていくことになります。

クレジットカード利用料金の返済は、一括もしくは2回払いであれば金利はかかりません。

とはいえ、利用額が大きくなれば1回や2回での返済は困難になります。

ましてや、数万円がなくてクレジットカード現金化を利用している人が、まとめて返済をすることは難しい場合の方が多いのです。

したがって、多少還元率は下がっても、必要としている金額をきちんと現金化することが大切であり、クレジットカード会社への金利を考えれば、1~2回で無理なく返済できるように、5万円くらいを現金化するのが良いかと思います。

では、現金化で5万円を得るためには、還元率その他を考慮した場合に、いくらのショッピング枠を現金化すればよいのでしょうか。

急な出費で困ったら「振込額」が表示されているママ安心サポートを選びましょう!

 

-現金化お知らせ情報
-, ,

Copyright© お金に困ったらショッピング枠現金化ママ安心サポート , 2019 AllRights Reserved.