お金にまつわる話

クレジットカードの支払いが遅れたらすぐにブラックリスト入り?

投稿日:

クレジットの毎月の支払いをキチンとしていたのに、うっかりして支払いが遅れ、個人信用情報に「延滞」が記録されてしまった。

「さあ、これからどうする」「もはやブラックとして生きていくしかないのか!」

と、お悩みの方。
 
信販系の個人信用情報を扱うCICの延滞記録は、過去24ヶ月分しか記録されませんのでご安心ください。それに、もし延滞情報が載ってしまった場合でも、毎月1000円ずづでもクレジットの支払いを滞りなく行い、延滞発生後24ヶ月が経過すれば、延滞の情報は抹消されてしまいす。そうなれば、情報を照会した金融機関には「支払い状態が良好な人」としか見えません。

それよりも問題なのは、延滞したことがあるクレジットカードを解約することです。

解約したクレジットカードの情報は、クレジットカードを解約した日から5年間残ります。この時、解約日からさかのぼって24ヶ月の間に延滞の情報があれば、延滞の記録が5年間も記録されることになり、この間は新しいクレジットカードを作るのが困難になります。

もし、1回でもクレジットの支払いを延滞してしまった方は、延滞発生後24回以上の支払いをキチンと行って、延滞記録をあなたの信用情報から消し去ってからクレジットカードを解約することをお勧めします。

-お金にまつわる話
-, ,

Copyright© ママ安心サポート , 2017 AllRights Reserved.