お金を借りる方法一覧

勤めている会社からお金を借りる

投稿日:4月 18, 2017 更新日:

従業員貸付制度のある会社であれば、消費者金融や銀行からお金を借りるよりも、ずっと安い金利で融資を受けることが出来ます。
ただし、中には貸付金制度を行なっていない会社も多いので、近々お金を借りようと考えている方は一度会社に確認してみるといいかもしれません。


従業員貸付制度とは?

腰に手を当てるサラリーマン

従業員貸付制度とは、社員が金銭トラブルに巻き込まれるのを避けるために、会社から社員へ格安の金利で融資を行う制度のことです。
金銭トラブルとは従業員同士での金銭の貸し借りや、業者からの債務によって破産などに追い込まれてしまうことです。
これは給料の前借りとは違って、れっきとした融資であるので、お金を借りる際にはちゃんとした契約書を書く必要があります。
また、勤続年数などによって借りることが出来る金額には違いが生まれるので、すべてが自分の希望通りにいくわけではないということをお忘れなく。

お金を借りる理由が大切です

従業員貸付制度を利用する際には、お金を借りる理由が重要になります。
治療費や出産費用など、どうしても避けられない理由の出費であれば、従業員貸付制度を利用したからといって評価が下がることはありませんが、娯楽のために利用していたのでは、社内での評価も落ちてしまうでしょう。
消費者金融などの業者とは違って、融資を受ける相手は勤めている会社なので、お金を借りる際には悪い印象を与えないように気をつけたいものです。

返済は給料から天引き?

従業員貸付制度で借りたお金の返済方法は、会社によってさまざまです。
毎月の給料から天引きされるところもあれば、ボーナスでの一括払いが可能になるまで待ってくれる会社もあるようです。
また、口座の違いなどから、振り込みによる返済が必要な会社もあるので、返済方法については借りる前に確認しておくべきでしょう。


どうして銀行や消費者金融より金利が低いのか

顎に手を当て悩むOL

消費者金融や銀行は商売なので、融資によって利益をあげていかなければなりません。
しかし、従業員貸付制度というのは社員の救済のために行なっているので、金利を高くして利益を得る必要がないのです。
そのため、銀行や消費者金融と比べると破格の金利で貸付を行なっているのです。

従業員貸付制度で金利が必要な理由

従業員貸付制度は融資であって贈与ではありません
金利をつけずに従業員へとお金を渡してしまったのでは、その分税金がかかってしまうので、会社にとって余分な出費が増えてしまうことになります。
従業員にお金をあげて税金も増えていたのでは、会社としても制度を維持することが出来なくなってしまいます。
そのため、経費の問題からも、従業員貸付制度では極めて安い金利を設定しているのです。

会社からは審査なしで借りることができる?

基本的に、従業員貸付制度は消費者金融のような審査を行うことはありません。
そもそも、プロの業者のように信用情報機関の情報を得ることも出来ないので、審査のしようもないのです。
そのため、従業員からの申請を信じて貸付を行うことになります。
とはいっても、勤続年数であったりお金を借りる理由であったり、会社独自の審査基準は設けているので、場合によってはお金を借りることが出来ないということもあるかもしれません。
そうなった場合には、会社からの信用が低いということなので、色々な意味で危機感をもった方がいいでしょう。

会社からお金を借りるデメリットとは?

会社からお金を借りるデメリットといえば、やはり社内にお金を借りたということ情報が広まりやすいということでしょう。
会社から公表されることは決してありませんが、プロの貸金業者ではないので、プライバシーが完全に守られるとは期待しない方がいいでしょう。
そのため、従業員貸付制度は軽々しく利用するのではなく、本当に必要になったときだけ利用するようにしましょう。

-お金を借りる方法一覧

Copyright© お金に困ったらショッピング枠現金化ママ安心サポート , 2018 AllRights Reserved.