お金を借りる際に役立つ裏ワザ集

キャッシングの審査に通るためのコツ

投稿日:

キャッシングの審査では見られるポイントが決まっています。
事前に審査で見られる情報を把握することで、審査に通るための準備もしやすくなるでしょう。


キャッシングの審査ではどこを見られる?

収入があるかどうか

お金を借り入れする際の最大の審査ポイントは安定した収入があるかどうか
月々安くても安定した収入があれば、お金を借り入れしやすくなります。
高い報酬を得られる仕事をしていても、安定感に欠ける場合は審査に振りとなります。
消費者金融をはじめとするノンバンク系の借入先は、総量規制の観点から収入がないとお金を借り入れすることができません。
1部の銀行では無収入の方にも貸し出しを行っていますが、限度額が少額に抑えられ、有意義な借り入れを行うことはできません。
収入の安定性は何よりも大きな信用となります。
返済能力にも直結する部分なので、審査の際は最も重要視されるポイントと言われています。
返済をきっちり行える能力がある方かどうかを借入先は見極めなければいけません。そのために収入の安定性を知ることは必要不可欠なのです。

属性審査について

お金を借り入れる際、審査で必ず行われるのは属性のスコアリングチェックです。
属性とは、申請者の年齢や収入・性別・勤務先・職業・職種・家族構成、居住形態、入居年数などをチェックしてそれぞれを項目別に分けて点数をつけます。
その採点した点数を総合した合計点数がスコアリングの点数となります。
もちろんこの点数が高ければ高いほど審査に対して有利になります。
ちなみに属性の基準は年収が高ければ高いほど、勤務先は一流企業や安定した公務員等が優遇されます。また、住居形態は持ち家、入居年数は長ければ長いほどスコアリングの点数が高くなります。
お金を借り入れる際、貸し手側は利用者の人間性や性格、生活情報などを全く知りません。
しかし、この属性をチェックすることによりある程度の生活情報や信用性を把握することができるのです。
お金を借り入れしようとするのであれば、事前に自分の属性をチェックし、事前審査などを受けてみると良いでしょう。

過去の借り入れ履歴も重要

新たな借り入れ先にカードローン等の申し込みをする場合、利用者の過去の借り入れ履歴を貸し手側はチェックします。
過去に債務整理や、返済に遅延や延滞したことがある場合は、その情報は信用情報機関に全て履歴が残ってしまいます。
こういった履歴があった場合はもちろん借入れの審査に不利となります。
一度でもこういった金融系のトラブルを起こしている方は、再度繰り返す可能性が高くなるからです。
延滞などはまだしも、債務整理をして借金を整理するとなると貸し手にとっては大損害となります。
このことから、過去の借入履歴に問題が見られる方は、貸し手側にとってリスクが非常に高くなります。
万が一、あなたがお金を借り入れしようとしたときに、過去にこのような履歴があった場合は審査に落ちる可能性が非常に高くなるので注意してください。
そのためにも、期限をしっかりと守り、マナーやモラルを持った借り入れを常日頃から行う事が重要となります。

他者からの借入件数

借り入れの申し込みをする際、貸金業者や銀行が最も着目するのがこの他社からの借り入れ件数と言われています。
審査に可決するポイントとして、他社からの借り入れ件数が少なければ少ないほど「良い」とされています。
不思議な話かもしれませんが、1つの会社から100万円借りていたとします。このケースよりも、3社からそれぞれ30万円ずつ借り入れしてトータル90万円借りているケースの方が貸し手にとってみればリスクが高いと判断されるのです。
これは何故でしょう?

複数他者からの借入が何故悪いか?

常識的に、抱えている借金の金額が高ければ高いほど印象が悪くなるはずです。
しかし、お金の借入に関しては借入金の額よりも関わっている業者の数を重視されます。
何故なら、上記の例でいくと、3社から30万円ずつ借り入れするよりも、1社から100万円借り入れする方が難しいことだからです。
消費者金融などで、最初に設定される限度額は50万円未満となります。それ以上の限度額に増額する場合はある程度の返済実績を残さなければいけません。1つの会社から100万円借り入れする場合、少なくとも半年以上の返済実績が必要となります。
1社から多額の借り入れをする場合、それなりの信用がないと出来ないのです。
複数社から借り入れをしている場合、1つの借り入れ先でそれ以上借り入れできなくなり、他者に手を出している状況となります。
これは、貸し手にとって非常に印象の悪いものとなります。
あなたはどんな状況でしょう?
複数他社からお金を借り入れしている場合は、注意が必要です。

まとめ

借り入れ時の審査のポイント、参考になったでしょうか。
お金を貸す銀行や貸金業者にとって、審査で着目すべきポイントは「返済能力」と「過去の履歴」となります。
お金を貸しても回収できなければ貸し手にとってはマイナスとなってしまいます。
これからお金の借り入れを行おうとしている方は、ご自身の返済能力や、お金に関する過去の返済履歴等などを再確認する必要があります。
各借入先のインターネットのホームページなどでは、借り入れする前の簡易審査がありますので、そちらを試してから申込をすると良いでしょう。

-お金を借りる際に役立つ裏ワザ集

Copyright© お金に困ったらショッピング枠現金化ママ安心サポート , 2018 AllRights Reserved.