お金を借りる際に役立つ裏ワザ集

クレジットカードの現金化とは?

投稿日:5月 24, 2017 更新日:

 

最近サイトなどを見ていると、クレジットカードの現金化というワードをよく目にします。クレジットカードの現金化はどんなサービスでしょうか?

クレジットカードの現金化とは

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を使って商品やその他装飾品などを先ず購入し、買取をした場合は、その商品を購入したときよりも低い金額で買い取ることによって、現金を発生させる方法と、キャッシュバック式の懸賞法に基づき
しかし、宝石や装飾品はダミーや偽物ばかり。
こちらを売り買いする行為はあくまで法律にのっとったカタチでのお金の流れを作っているだけ。
現金化を行う業者の目当ては売り買いの際に生じる差額(マージン)です。
大抵の業者は打った商品を80%程度の金額で買い取り、20%の差額分を利益とします。

現金化は個人でもできる?

上記した現金化の流れは業者が行う者ですが、クレジットカードの現金化は個人でも行えます。
個人でクレジットカードを利用して商品を購入し、それを販売すれば手元にお金が入ります。
これは「せどり」と同じような感覚で、値崩れしにくい商品をクレジットカードで購入して販売すれば、買値と同じような金額を得ることができます。

個人での現金化のメリット

また掘り出し物を安く購入した場合、買値より高くその商品を売却できれば儲けも発生します。
このように、個人レベルでのクレジットカードの現金化は、業者と違い、お金のロスを極限まで減らすことができます。
商品知識を身につけ、商品に付加価値をつけて販売することで効率的且つ有益なクレジットカードの現金化を計ることができます。

個人での現金化のデメリット

個人でクレジットカードの現金化を行うときのデメリットは、時間的にゆとりがないと出来ない点です。
個人でクレジットカード現金化する場合、値崩れしにくい商品や掘り出しものを見つけるまでにどうしても時間を要します。
また、商品を見つけてきて売ろうとしても、その商品が確実にすぐ売れる保証は何処にもありません。
人気がある商品やプレミアのついた商品でしたら短時間で売れる可能性が高くなりますが、商品価格が高額になると売れ足が悪くなります。
つまり個人レベルでのクレジットカードの現金化は無駄が少ない分、じっくり時間をかけないと実現しません。
急いでお金を必要としている場合は不向きな手段となります。

業者でクレジットカードの現金化を行うメリット・デメリット

古物商の資格を持った業者にクレジットカードの現金化を頼んだ場合、短時間で確実にクレジットカードのショッピング枠を現金化することが可能となります。
その代わりに、商品を売却するときは購入したときの8割程度の価格で買い取り、差額の2割分を手数料として差し引きます。
2割と言うパーセンテージは、小さいように思えますがカードで10万円分の買い物をしたとしたら8万円しか手元に入らないということです。
現金化する為の手数料として2万円を差し引かれていることになります。
商品の売買をカタチ上行うだけで、2万円もの大金を業者に支払わなければいけないのです。
結局利用者は2万円の損をしていることと同じです。
しかし、業者は確実にその場でクレジットカードを現金化してくれます。
高い手数料を支払う代わりに確実に現金を作ってくれる正確性を持ち合わせています。
これはメリットともデメリットとも捉えることができます。
一番良いのは極力、購入した商品をなるべく高く買い取ってくれる業者を見つける事です。
しかし、急ぎの用途にも対応できるのは利用者にとって大きな利点となるはずです。
時間に追われているときは迷わず業者に頼み、現金化を行う事をお勧めします。

-お金を借りる際に役立つ裏ワザ集
-, ,

Copyright© お金に困ったらショッピング枠現金化ママ安心サポート , 2018 AllRights Reserved.