節約術

お金がない助けて欲しい!

投稿日:10月 15, 2017 更新日:

お金がない助けて欲しい!叫ぶほど極貧でお金がなくて困っている時は、自分の知恵を絞りだせ!

「お金がない!もう助けて欲しい!」

収入が少なくて、お金がなかなか貯められない。

どうして自分はお金が貯められないのだろう?と、ひどく落ち込んで悩んでしまうかと思います。

しかし収入が少ないから貯まらない!誰かに助けて欲しい!と言っているだけでは、いつまでも貯めることはできません。

極貧に陥いれば陥るほどお金がなくて困ったときは、どうしたらいいのでしょうか?

私もひどくお金がなくて、極貧時代だった時がありました。
そんな時に、どうやって乗り切ってこられたのでしょうか?

携帯代も節約、化粧品も洋服もバッグも家電も激安家電でそろえていた

通信費を抑えるために携帯も極力使わず、ほぼ最低基本料金内に抑えていました。

化粧品に関しても、何千円〜何万円とする化粧品なんて買うことができず、ダイソーの「酒しずく」という100円の安い化粧水を使っていました。

洋服も年に1度、買うか買わないかというぐらいで、激安バーゲンで買った洋服を全部で5着持っていればいい方だったと思います。

家電に関しても、現金でしか買えないような家電売場に行って、中古や現品限りなどの家電をさらに値切って買っていました。

まさに新婚の時は、ど根性精神による「極貧サバイバル節約術」をしていたのです。

でもこのサバイバル節約術を実行したおかげで、収入が少なくても支出が出ていかないため、新婚当時は貯まる家計に変身できた のです。

「なんとか生活できるようになったね。」

しかし、ここからが大変でした。

極貧節約生活から一転して、浪費家へと転身していってしまったのです。

節約しすぎのリバウンドで、あっという間に浪費家へ

夫婦で転職してから、激務の共働きで働いていたこともあって、夫婦で手取りが70万円超えていたこともありました。

子供がいない間に、これだけの手取りがあれば何でも使いたい放題です。

お酒や外食にお金を使い、家電やパソコンを最新のものに買い替え、レジャーや洋服代にも使い、光熱費なんてまったく考えなくなっていました。

気がついたら食費も10万円以上、カードの支払いだけで50万円以上も使っているときもありました。

「これはまずいよ、貯まらないよ!」

食費や光熱費、日用品費など、ストレスが貯まるほど節約しすぎた反動がきて、節約リバウンドを起こしてしまったのです。

ダイエットをし過ぎると、反動で食べ過ぎてリバウンドしてしまうじゃないですか?

収入が増えるにしたがって支出も増やしてしまい、さらに追い打ちをかけたのが、家売却損による借金500万円を背負ってしまったことでした。

必死に頑張って登りつめたかと思ったら、ジェットコースターのように急降下です。

「このままでは行けない!でも無理しない節約術を頭をひねり絞って考えなきゃ!」

ここから、人生はい上がり作戦が始まったのです。

知恵を絞りに絞って、ストレスが貯まらない節約術を編み出した

私が新婚当時のストレスフルな節約術を反省し、次こそリバウンドなしの節約術を編み出しました。

それが、毎月出て行く固定費を下げるということでした。

実は食費や光熱費、日用品費よりも、家賃や保険、通信費などの固定費を下げることって、頭は使うしかなり大変です。

でもここでもがかなければ生きていけないという思いで、家賃が安い公営団地に引っ越しをして、住居費のダウンに成功しました。

それでも9万円と高く、夫がこの時にうまく転職できたこともあって、さらに安い6万円の社宅に引っ越しをすることができたのです。

これは、かなり効果テキメンでした。

もっと安い家賃で3〜4万円の公団もあったのですが、ここまで下げるとストレスがたまると思ったので、そこまで下げることはしませんでした。

でもお金がなかったら贅沢言っていられませんから、いざとなったら引っ越す覚悟ではいました。

3万円ダウンとすると、1年間で36万円3年で108万円にもなります。
10年間家賃が3万円違うだけで、なんと360万円も違ってくるのです。

他にも2台あった車を1台売却して、軽自動車1台に乗り換えたことにより、車売却により150万円キャッシュバック、さらにガソリン代の削減に成功しました。

通信費に関しても、キャリアのプランをはずしたり、オプションを見直して夫婦2人で通話料込みで7,000円に。

このようにして500万円あった借金を、たった1年で完済することができたのです。

極貧でお金がなくて困っている時は、自分の知恵を絞りだせ!

私がお金がなくて困り果てている時に、このようにいつもどうしたら生きていけるのか、知恵を絞りに絞って乗り越えてきました。

お金がないときに、「困った!」「お金がない!」と言ったところで、お金は入ってきません。

計画的にお金を貯められない人が、人にお金を借りてはいけません。

気軽な気持ちで消費者金融に借りると、気がついたらいつの間にか膨大な借金となり、あなた自身がさらに苦しむことにるでしょう。

お金がないときこそ、極貧を生き抜くサバイバル術を自分自身で編み出していけば、このように何とか乗り越えていくことができます。

「私は絶対こんな状態から這い上がって、お金持ちになってやる!」

気持ちを奮い立たせて、どうしたら家計をうまく節約できるのか、失敗しながら知恵を絞って今の生活を改善していくのです。

お金持ちになっていきたい!
こんな貧乏生活脱出したい!

この心の底から湧き出てくるエネルギーをパワーに変えて、脳みそがさらにしわくちゃになるぐらい知恵を絞り出せば、必ず乗り越えていけます。

あなたの頭の中で眠っているマネーハングリー精神を、困っているときこそグァっと呼び覚ますのですよ?

お金がないからという理由で、逃げていませんか?
お金持ちになる夢を諦めたら、そこで終わりです。

生きていく中で、いい時もあれば悪い時もあります。

悪い時にいかに生活レベルを下げられる人になれるかで、どんな状況でも生きていけるようになれます。

生活レベルを下げることに抵抗あるかもしれませんが、やってみると案外楽しく出来てしまうものです。

そんな困った時に行って改善していった力が、いつか役に立つ資産になることでしょう。

人生なんて山越え谷越えです。
そんなの当たり前のことです。

貧乏ってのは苦しいものじゃなくて、実は楽しむものなのです。

それを繰り返していった結果、あなたはいつの間にかお金に好かれる人になっていくのです。

-節約術
-,

Copyright© お金に困ったらショッピング枠現金化ママ安心サポート , 2018 AllRights Reserved.