お金の使い方 現金化お知らせ情報

カードローンの最低金利が下がっても騙されるな!

投稿日:

pl-201458871528

カードローンの最低金利が下がっても騙されるな!低くなった金利は金持ちしか適用されず、
一般人向けの適用金利は逆に上がっているケースも?カードローンを選ぶとき、広告やWebサイトに載っている金利や借入限度額を目安のひとつにしている人も多いだろう。「表記されている金利が安く、借入限度額が多いほうが、良いカードローンだろう」と考えているのだ。それをきちんとわかっているのか、最近、最低金利を引き下げ、最高借入限度額を増額するカードローンが出てきている。

「楽天銀行 スーパーローン」は、そのひとつだ。「楽天銀行 スーパーローン」は、2016年7月19日より、最低金利を従来の4.9%から1.9%へと大幅に引き下げ、最高借入限度額も500万円から800万円へとアップした。
楽天銀行 スーパーローン】
(2016年7月19日から)
金利:4.9~14.5% ⇒ 1.9~14.5%
最高借入限度額:500万円 ⇒ 800万円

同様に、「アコムのカードローン」は、2016年7月4日より、最低金利を4.7%から3.0%へ、最高借入限度額を500万円から800万円へとアップした。

【アコムのカードローン】
(2016年7月4日から)
金利:4.7~18.0% ⇒ 3.0~18.0%
最高借入限度額:500万円 ⇒ 800万円

この数字だけ並べると、どちらのカードローンも利用者にとってよりお得に改善されたように見える。「マイナス金利の影響で住宅ローン金利がめちゃくちゃ下がっているが、カードローンでも同じことが起きているのか」と考えた人もいるだろう。

 だが騙されてはいけない。「楽天銀行」や「アコム」のカードローンがよりお得になったように見えるのは、ただの数字のトリックであり、一般の利用者にとって、実際のところ1ミリたりとも借入条件が改善されたわけではないのだ。
借入限度額が500万円以下の人の
適用金利は一切変更なし!例えば、借入限度額が50万円の人なら14.5%、借入限度額が300万円の人なら4.9~12.5%の間のどこかの金利が適用となるわけだ。

 この表を見ると、実は、従来借りることができた借入限度額500万円までの範囲では、適用される金利は一切変わっていないことがわかる。最低金利こそ1.9%と非常に低くなったが、これまでよりも低い金利が適用されるのは借入限度額が500万円を超える人のみなのだ。

 カードローンの金利は、借入限度額が高い人ほど低く設定されている。これは、多額の融資を受けられる信用力が高い人ほど銀行にとってはリスクが低いので、その分金利を低く抑えることができるということ。つまり、新たに借入限度額が高い枠を設定したことで、その分、より低い金利が設定できただけなのだ。

「それでも、低い金利が新たに設定されたのは、利用者にとってメリットでは?」と考える人もいるだろう。しかし、新たに設定された低い金利で借りられるのは、一部の限られた人だけなのだ。
消費者金融会社やクレジットカード会社といった貸金業者が守らなければならないルールとして、「貸金業法」という法律がある。そこには、「総量規制」と呼ばれるルールが定められており、「借入総額は、原則、年収の3分の1まで」と厳格に制限されている。例えば、年収300万円の人は、100万円までしか借りられないということだ。銀行は貸金業者には含まれないので、この「貸金業法」を守る必要はない。しかし、年収の少ない人に対してむやみに貸し出してもリスクが増えるだけなので、おそらく「総量規制」を参考にして、「年収の3分の1」を大きく超えて貸し出すということはないだろう。

「総量規制」を基準に考えれば、借入限度額が500万円を超えるには、1500万円以上の年収が必要ということになる。「楽天銀行 スーパーローン」の制定金利は1.9%に下がったが、もしその金利で借りようと思うと、借入限度額が800万円、つまり年収が2400万円以上なければならない。「それだけ年収があったら、カードローンを借りる必要なんてないんじゃないか?」と考えてしまうのは筆者だけではないだろう。

「楽天銀行 スーパーローン」が金利と最高借入限度額を変更したところで、年収1500万円以下の庶民にとってはまったく関係ない話だということがわかってもらえただろうか。「業界最低水準の低金利!」や「ご利用限度額も大幅アップ!」なんて言葉に騙されてはいけないのだ。

-お金の使い方, 現金化お知らせ情報

Copyright© お金に困ったらショッピング枠現金化ママ安心サポート , 2018 AllRights Reserved.