お金にまつわる話

カードローンの利用限度額は年収が関係しているの?

投稿日:

カードローンの利用限度額は年収が関係しているの?

カードローンから借り入れを行う際に、自分がどれくらい借りることができるのかを事前に把握できると返済計画が立てやすいです。「審査を受ける前に利用限度額なんてわかるの?」と考える方もいるかもしれませんが、実はあるのです。利用限度額を左右する最大のポイントは年収です。今回はカードローン審査で利用限度額を決める際に重要な情報となる年収についてご紹介します。

カードローンの審査は年収が重視される

カードローンの審査にはいくつかポイントがあります。勤務先、勤続年数、他社借り入れ状況、居住年数、家族構成などいくつか挙げられますが、中でも重要な情報が年収です。

年収のポイントは安定性

年収でも金額を重視されるわけではなく、大切なのは安定性です。毎月一定水準の収入を得られていれば安定していると見なされます。反対に年収の額は高くても、月によってばらつきがあれば審査ではマイナス評価です。

カードローンはパートやアルバイトでも利用可能

「安定性と言っても正社員として働いていなければ審査には通らないのでは?」と考えている方もいるかもしれません。しかしその心配は無用です。アルバイトパートでもカードローンは利用できるのです。学生や主婦の方は時間的制約もあり、毎月得られる収入が限られています。しかし、少額でも収入が得られていれば審査には影響しないのです。

消費者金融からの借り入れは年収で利用限度額が決まる

学生や主婦は高額を借り入れることが滅多にないため、利用限度額を重視する方は少ないと思います。しかし、用途によっては高額を借り入れたいと考えている方もいますよね。自分がいくら借りることができるかは利用限度額で表されます。

掲載されている限度額が借りられるわけではない

消費者金融や銀行カードローンの公式サイトを確認してみると、限度額が表示されているかと思います。しかし、全員がこの額を借り入れできるわけではありません。個人の利用限度額が確定されるのはカードローン審査後です。

利用限度額は年収の3分の1まで

さて、この章でお伝えしたかったことは、消費者金融で借り入れを行う際利用限度額は年収の3分の1までに制限されるという点です。つまり、年収を確認すればあなたが最高いくら借り入れできるかが審査前に把握できるのです。

年収は収入証明書で確認される

審査では、年収は収入証明書を提出することで確認されます。収入証明書として提出を求められる書類は以下の通りです。

収入証明書の種類
源泉徴収票
給与明細書
確定申告書

しかし、この収入証明書は一定金額以下の借り入れでは提出不要な場合はあります。収入証明書不要な額については消費者金融ごとに変わるので、以下で確認してみましょう。

消費者金融 収入証明書不要な借り入れ金額
プロミス 50万円以下
アコム 50万円以下
アイフル 50万円以下
モビット 1~500万円以下
ノーローン 50万円以下

モビット以外の消費者金融では50万円以下の借り入れの場合収入証明書の提出が求められません。そのため年収に関係なく借り入れ可能です。しかしアルバイトやパートの場合、初めての借り入れでは10万円前後を借り入れることが多いです。利息も高くなるため、利用限度額ぎりぎりを借り入れるのではなく必要最低限の額を借り入れるように心がけましょう。

銀行カードローンを利用すれば年収による決まりがない

消費者金融から借り入れを行うと、年収が300万円の方は最高100万円までしか借りることができません。それ以上を借り入れたいという方は銀行カードローンを選ぶことをおすすめします。

銀行カードローンは総量規制対象外

銀行カードローンは総量規制対象外であるため、利用限度額が年収によって制限されません。総量規制の対象は消費者金融などの賃金業者のみで、銀行は賃金業者に含まれないことが理由です。そのため、無収入の専業主婦でも借り入れできるローンが用意されているのです。

審査通過率が消費者金融よりも低いので要注意

だからと言って必ずしも銀行カードローンの方が高額を借り入れできるわけではありません。実は銀行カードローンは消費者金融よりも審査通過率が低いというデータが出ています。消費者金融よりも審査にかかる時間も長いことが多いため、よく比較してから申し込みをしましょう。

どっちを借りる?消費者金融と銀行カードローンの比較

最後に、消費者金融と銀行カードローンのスペックを比較してみましょう。ポイントは金利、最高限度額、審査・融資時間です。

金利で選ぶなら銀行カードローンがおすすめ

低金利のカードローンを利用したいなら銀行カードローンをおすすめします。中でもおすすめはみずほ銀行カードローンです。上限金利14%なので、少額を借り入れる方も低金利で借りることができます。

最高限度額で選ぶなら銀行カードローンがおすすめ

先ほどもお話したように銀行カードローンは総量規制対象外なので、まとまった額を借りやすいです。中でもおすすめは三井住友銀行カードローンです。初回の借り入れで100万円単位を借り入れできたという声もあり、金地も低いためおまとめローンとして利用することもできます。

審査・融資時間で選ぶなら消費者金融がおすすめ

審査・融資時間のスピードで選ぶなら消費者金融を選びましょう。銀行カードローンも最短30分などと謳っていますが、指定された銀行口座を持っていることが条件ということが多く、口座開設にも時間かかるため結局数日かかるなんてこともあります。しかし消費者金融は銀行口座に限らず審査時間がスピーディーで、24時間申し込みを受け付けている業者が多いためお仕事が忙しい方にもお勧めです。おすすめはプロミスで、融資までの時間が最短1時間とスピード感はどの消費者金融にも負けていません。

関連ページ

申し込み前に!カードローンの審査内容を確認しましょう!

審査に不安な方!審査の甘いカードローンをご紹介!

総量規制対象外で借り入れ可能なカードローン

知らないと損する?!他社借入はカードローンの審査に影響するの?

カードローン契約更新で審査は行われるの?

カードローン借り換え&おまとめローン情報

-お金にまつわる話
-, ,

Copyright© お金に困ったらショッピング枠現金化ママ安心サポート , 2018 AllRights Reserved.