お金にまつわる話

お金に困ったら、どうやって借入先を選べばいい?

投稿日:6月 10, 2017 更新日:

お金に困っている男性

お金にどうしても困った際には、どこかから借り入れる必要があります。
今回はお金を借りたい方におすすめの借入先をご紹介いたします。しかし、借りたあとは返済が待っていることをお忘れなく。

スピードを求めるのであれば消費者金融

今すぐにお金を借り入れしなければいけない、そんな状況の時は消費者金融からの借り入れがお勧めです。消費者金融の最大のメリットは、スピーディーな審査を行ってくれるところ。借入先にもよりますが、早い業者ですと1時間程度でお金を借り入れすることが可能です。
また、1時間以上かかったとしても即日融資が基本となります。
1分1秒を争うお金の用途であれば、消費者金融のような瞬発力のある借入先は心強い味方となります。
また、審査内容も柔軟性を含んでおりパートやアルバイトの方でも安定した収入があれば審査に可決することができます。
それに、大手消費者金融ですと提携しているATMの数も非常に多いため、借り入れ・返済に困ることはまずありません。

<h4消費者金融のデメリット>

消費者金融のデメリットは、第一に金利が高いことです。平均して大手商社金融の金利は4.5%~18%となります。中小タイプの消費者金融ですと、最大金利が20%に設定されている業者もあるくらいです。
お金を借り入れする上で、最も重要視しなければいけないのがこの金利の利率です。
お金を借りた場合、返済する際には利息分を乗せて返済しなければいけません。その利息の金額は金利によって増減します。つまり、利率が低ければ低いほど利息は少なくて済むわけです。
しかしながら、消費者金融が設定している利率は利息制限法ギリギリの18%から20%
この数字はやはり、お金の借り入れにおいてどうしても気になってしまいます。
消費者金融の場合、初回の借入限度額は大抵50万円以下となります。すると、おのずと設定される金利は最高金利の18%から20%程度となります。
金利20%と言うと、100万円を1年間借りた場合の利息は20万円という計算になります。
ただお金を借り入れしているだけなのに、余計に返さなければいけないお金が20万円も発生してしまうのです。
こういった意味で、消費者金融は多額の借り入れや、長期的な返済には不向きな借入先となります。

金利に着目するなら銀行系カードローン

消費者金融に比べ、金利が低めに設定されているのが銀行系カードローンです。銀行系カードローンは平均すると2%~15%に金利が設定されています。
金利だけに着目すると、消費者金融と最大金利に3%から5%の開きがあります。
100万円を15%の金利で1年間借り入れした場合、利息として発生する金額は15万円となります。この時点で消費者金融と比較すると5万円もの利息の差が生じます。
借入先が違うだけなのに、これだけの利息の差が発生してしまうのです。
また、銀行系カードローンは総量規制の対象外となるため債務者は自身の年収の3分の1以上のお金を借りることができます。
そのため、多額の借り入れを可能とします。
また、借入金額が多くなるにつれて金利も次第に低くなります
多額の借り入れ、長期的な返済に思えているのが銀行系カードローンといえます。

銀行系のデメリット

銀行系カードローンのデメリットは、審査の内容が厳しい点が挙げられます。
消費者金融の場合、安定した収入さえ得ていればある程度誰でもお金を借り入れすることが出来るのですが、銀行系カードローンはそういう訳にはいきません。
債務者の年収や属性のスコアリングが低い場合、審査で落とされてしまうことももちろんあります。
また、審査をきっちり行うため審査時間も数日かかる場合があります
最近では借入先によっては即日融資を可能とする銀行系カードローンも最近は多くなってきました。しかしそれでも消費者金融に比べると審査スピードはまだまだ及びません。
1分1秒を争うようなお金の用途には不向きな借入先といえます。

メガバンク等もオススメ

比較的金利が低く、しかもスピーディーに借り入れができるのはメガバンク系と呼ばれる借入先です。
メガバンクとは、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行の3社を指します。これらの銀行は、いくつかの銀行が合併してできた巨大銀行であることからメガバンクと称されています。
これらメガバンクが扱っているカードローンは、金利が4.5%から14.5%程度。
それに、審査スピードも速く最短ですと1時間程度で借り入れが可能となります。
もちろんネットからの申し込みも可能ですので、忙しい方にもお勧めの借入先です。
提携ATMの数もコンビニ等を含めると、非常に多く存在するため借り入れや返済に困る事はまずありません。
非常にバランスのとれたスペックのカードローンとなります。

まとめ

このようにスピードを求めるのであれば消費者金融、低金利を求めるのであれば銀行系カードローンとざっくり分けることができます。
また、その中間地点に存在するのがメガバンクを筆頭とするネットバンキングに強い借り入れとなります。
それほど時間に追われていなければ、銀行系→メガバンク系→消費者金融というように優先順位を設けた方が良いかもしれません。
また、時間に追われている場合は消費者金融に申し込みをするべきでしょう。
またどの借入先も、現在はインターネットからの申し込みが可能となります。
ネット申し込みをすれば(借入れ先にもよりますが)振込みによる融資を受け、来店不要で借入を行えます。このネット申込みをうまく利用するとよりスムーズな借入を行えますので急ぎの用の時には是非お試しください。

関連ページ

お金を借りたい、でも不安・・・
プラモデルを作って飾るためにお金を借りる!
お金を借りたいけれど・・・
お金を借りるなら返済方法についてしっかり考えよう
家にプラネタリウムを作るためにお金を借りる

-お金にまつわる話
-, ,

Copyright© お金に困ったらショッピング枠現金化ママ安心サポート , 2018 AllRights Reserved.