お金に困ったときの対処法

審査の緩いカードローンを探すよりも審査に通過するポイントを知ろう!

投稿日:

カードローン借り入れの際必ず行う「審査」。この審査に落ちてしまえば借り入れはできないため、「審査の緩いカードローンはないか?」と探す方は多いです。果たして審査の緩いカードローンはあるのでしょうか?今回は審査の緩いカードローンについてご紹介します。

審査の緩いカードローンとは?

審査の緩いカードローンを紹介する前に、審査を行う理由について考えてみましょう。皆さんは信用していない方にお金を貸すことはできますか?また、お金遣いがだらしなくいつもお金に困っている方に簡単にお金を貸すことができるでしょうか?カードローン会社は、皆さんがお金を貸すときの感覚と同様、信用情報返済能力をチェックするために審査を行います。そのような目的であれば、審査を厳しく行うのはごく自然のこと。では審査の緩いカードローンとは一体どのようなカードローンなのでしょうか?

闇金に注意!

「審査の緩いカードローン!」「無審査で利用できるカードローン!」など、夢のような文言で利用者の心を揺さぶるカードローン会社もあります。しかし、そのような会社はほぼ間違いなく闇金です。なぜ闇金は緩い審査でお金を貸しているのでしょうか?

緩い審査で利用者を増やす闇金

闇金は、正規の金融機関を利用できない方向けにお金を貸しています。正規の金融機関を利用できる方であればわざわざ闇金を利用する理由はないのです。闇金は、審査が緩い分、高金利ひどい取り立てで利用者を追い込みます。上限金利は法律で20%以内と定められていますが、これは正規の金融機関のみ。闇金は違法な金利を設定していても捕まることはありません。そのため、返済能力の有無に関わらずとにかく利用者を増やして、高い利息でお金を貸します。返済できない場合は勤務先にも家族にも影響を及ぼすほどのひどい取り立てを行い、無理やりにでもお金を貸します。返済のためにまた新たな闇金に手を出して、多重債務に追いやられる方もいます。

審査は安全にお金を借りるための保証

審査をしっかり行い、上限金利を守っている金融機関は安全なキャッシング業者の証にもなります。そう考えると「審査の緩いカードローン」がなんだか怖く感じてきませんか?「自分は闇金で借りてもすぐ返せるからとにかく審査の緩さを重視したい!」と考えている方は注意して下さい。闇金は、借り入れ段階ではすぐにお金を手にできて気持ちがいいものです。しかし、借金は中毒性があります。借り入れて返済できる快感を知ってしまうと、「お金に困っても闇金がある」という謎の安心感を抱き、お金遣いも荒くなり何度も手を出してしまうものです。油断していると、返済不能になるまで借り入れを行っているなんてことも…。そうならないためにも審査の緩い闇金に手を出すのはやめましょう。

審査に通るポイント

審査の緩いカードローンを探すよりも、審査に通るためのポイントを知ることをおすすめします。カードローンの審査は減点評価。完ぺきを目指さなくても、審査に通ることはできるのです。それでは、審査で見られるチェックポイントについてご紹介します。

審査基準をチェック!

本人情報

本人情報では、年齢、生年月日、家族構成などを確認されます。ここで重要なのは年齢と家族構成です。年齢は26~35歳が最も有利とされています。特に未婚であれば返済の財源が確保されやすいと見なされるためさらに有利です。家族構成は扶養家族が少なければ少ないほどプラス評価ですが、年収や住宅ローンも考慮しながら判断するので、家族構成だけで審査に落ちることはありません。

他社借り入れ状況

他社借り入れ件数が重要になります。他社借り入れ件数が多いということは「1社から希望する額を借り入れることができない」「1社からの信用が薄い」と見なされるため、新たに申し込むカードローン会社からもマイナス評価になります。現在借り入れ件数が3社以上の場合審査に通る可能性がグッと低くなるため、低金利のカードローン会社にまとめるか、利用していないカードローン会社があれば解約することをおすすめします。

住宅情報

住宅情報では住居形態、居住年数をチェックされます。住居形態は持ち家が審査に有利です。借り家は引っ越しが簡単にできるため、返済不能になった場合、逃げられるというリスクがありますが、持ち家であればそうはいきません。持ち家でも居住年数が長ければ長いほど審査に多少有利に働きます。居住年数が長いということは、住宅ローンが少ない、また住宅ローンを継続して返済できている実績になるのです。

仕事情報

仕事情報は、職業、勤続年数、年収をチェックされます。年収は、消費者金融から借り入れる場合利用限度額にダイレクトに影響してくるので高額を借り入れたい方は要注意です。しかし少額の場合は収入証明書が不要な場合もあり、年収額は厳しく見られません。それよりも安定した収入があるかどうかが重要になるので、現在無収入の方はアルバイトやパートでも良いので仕事を始めましょう。しかし、勤続年数が半年以下である場合、マイナス評価に繋がるので、ある程度勤続年数を積んでから審査に申し込みことをおすすめします。

-お金に困ったときの対処法
-, ,

Copyright© お金に困ったらショッピング枠現金化ママ安心サポート , 2018 AllRights Reserved.