「子育て色々」 一覧

子供が見違える「短い声かけフレーズ10」

賢い親が繰り返し言う魔法の言葉 「難関中学・高校・大学に合格」「高倍率の大企業に内定」。自分の子供を“成功者”に導く親には共通点がある。それは子供が「うれしい」と思うような言葉を繰り返し口に出している ...

"小中学校の友人"なんてクソみたいなもの

2017/11/20   -子育て色々
 

学校生活や交友関係に思い悩み、心に深い傷を負ったり、自ら死を選んでしまったりする子どもたちがあとを絶たない。そうした現象を受けて、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏は「小中学校の友人関係なんて、まった ...

先進国で最悪レベル…。7人に1人の子どもが貧困状態な日本

先進国で最悪レベル…。7人に1人の子どもが貧困状態な日本。 勉強する機会を奪われた子どもたちの現実とは? 突然ですが、あなたは「相対的貧困家庭」という言葉をご存知ですか? 相対的貧困家庭とは、各国全人 ...

放課後の居場所「小4」をどう乗り越える

子どもが小学4年生になる時期に、共働き家庭は新たな悩みに直面する。学童保育のような放課後に子どもを預けられる場所が減り、あらためて居場所を探さねばならなくなったり、自立し始めた子どもの気持ちが読めなく ...

母子家庭の住宅事情って?

母子家庭になったからといって、実家に子連れで戻れるというケースは多くはありません。そこで、困るのはどこへ住むのか、住宅手当や家賃補助、住宅購入や住宅ローンなど、母子家庭を支えるシステムはあるのかなど、 ...

お迎えラッシュは深夜2時 「夜間保育」の真実

夜間保育所に子どもを預ける親は、霞が関の官僚から医師、看護師、マスコミ、水商売と、驚くほど幅広い。皮肉にも、保育所では晩ご飯を食べて、お風呂に入り就寝と、規則正しい生活が実現できる。小さな寝息が聞こえ ...

エクセル計算したら周囲から浮く…PTA作業に悲鳴

働く親にとって、PTA活動は敬遠したいもののひとつ。効率の悪さに辟易することもあるが、やり方や関わり方を変えることで、展望も開けそうだ。 都内のある私立小で昨年度、役員を務めた女性(39)は振り返る。 ...

母親が娘にやりがちな3つのタブー 

大人になってから「母が苦手だ」と打ち明ける女性が多く見られます。女性が自分を好きと感じる自己肯定感や幸福感は、同性である母親の接し方が大きく影響するといわれ、その最初の分かれ目となるのが、9歳、10歳 ...

子育てってお金がかかる?いつが一番大変だった?

子育てってお金がかかりますよね。現在大学生、高校生、中学生の3人の娘を育ててきた体験から、年齢別にかかったお金についてまとめました。 赤ちゃん時代 出産費用とベビー服やベビー用品を買いそろえるためにお ...

母と子3人、所持金200円

街がイルミネーションで彩られ始めた11月中 旬の夜。九州のある街で、母の梓(42)と小学6年の美雪(12)、小3の直樹(9)、小2の沙織(8)=いずれも仮名=の3きょうだいが「子ども食堂」ののれんをく ...

Copyright© お金に困ったらショッピング枠現金化ママ安心サポート , 2019 AllRights Reserved.